最新号ニュース(2022年8月1日号) NEW!

 
~曲がり角のインフルエンサー市場~
ブームは終焉か?
――個人の服作りも新局面
SNSなどインターネット上で影響力を持つ人を意味するインフルエンサーによる消費やマーケティングが曲がり角に差しかかっているようだ。特にコロナ下でブームの様相を見せていたが、ブームの終焉を指摘する声もある。一方、個人が服作りを行う動きは続いているが、趣味の域で終わるのか、先に進むのか、こちらも新たな段階に来ている。
【その他の1面の記事】
■楽天ファッション・ウィーク23年春夏
49ブランドが参加
――8月29日から9月4日開催
――SDGsの発信も
■アパ工連便り
「ファクトリーブランドプロジェクト」
9社が自社製品展示
――8月31日に東京で展示会
■レクトラ
情報の一元化を図る
――UAにPLMを導入
■イタリア大使館貿易促進部
対日輸出は好調に推移
――複合形式で展示会

◎倉敷ファッションセンター
「繊維マイスター」の認定を募集
◎アミコファッションズ
秋期AF立体裁断講習会を開講

☆新刊紹介
柴山登光・著「モデリストが綴る深イイ話」パート2

【2面】特集・スクールユニフォーム
「LGBTQ対応で中学校を中心にブレザー化の流れが加速」
◇菅公学生服
500校で「スマート採寸」
――好調な「3FIT」のブレザー
◇トンボ
ハイブリッド営業で
――セコリ監修の新パターンも
◇明石スクールユニフォームカンパニー
SDGs対応も柱に
――再生PET素材「+リープ100」
ハイブリッド型営業で

◎日被連の河合理事長
衣料品デフレが大きな課題
【3面】
■丸和繊維工業
東京本社に「価値創造研究所」
――モノ作り背景に新ビジネス創出
――人材作り、インキュベーションへ
■オンワード商事のユニフォーム製作
デジタル化で成果
――サンプル削減、リモート採寸
■ブラザー工業
総合送りミシンを発売
―― 厚物縫製の生産性を向上
■フジックス
再生PET使いのフィラメント糸発売
■織田ファッション専門学校
全国から851点の応募
――高校生デザインコンテスト

◎YKKベトナム
ハナム工場を増築

☆「東レACS」服つくりの未来を創る㉔
メタバースによってアパレル工業技術がどう変化するか〈1〉
【4・5面】
MADE IN JAPAN&MADE BY JAPAN FACTORY
――全国服づくり企業マップ
【6面】
〈ミラノ・ウニカ「回復傾向の伊テキスタイル業界」〉
23~24年秋冬を披露
――原料高・運送費高を懸念
◇JAPANパビリオン
◇A・BカノニコMU会長に聞く

☆アートディレクターのS.ファッダ氏
〝シーズンレス〟の背景
【7面】大野順之助からのメッセージ(198)
基本の「基」を復習(25)
――スカートの基本(その1)
【8面】
■インタビュー
◇マツオインターナショナル社長
松尾 憲久 氏
「社会の構図の変容とアパレル」
――バブル崩壊で新販路へ
――仕入れと自社ブランドを複合
――次の変革へ「再生・仲介・派生」
――箕面にR&Dセンター

アパレル工業新聞社

〒162-0822
東京都新宿区下宮比町2-28
飯田橋ハイタウン1001号
TEL:03(3513)7931
FAX:03(3513)7935 info@apako-news.com