最新号ニュース(2021年10月1日号) NEW!

 
~カジュアルも基本を踏まえて~
日本モデリスト協会が11月13日にウェビナー
メンズを中心にカジュアル化が進んでいる。「スーツを着ない」傾向は数年前から見られたが、新型コロナの感染拡大がさらに拍車をかけている。しかし、こうしたカジュアル化は一本調子に進むとは思えず、当然のことながらコロナがある程度落ち着くと一定の「揺り戻し」も予想される。こうした中、日本モデリスト協会(柴山登光会長)は11月13日、「基本を踏まえた〝くずし〟(応用)の方法とは?―コロナによる生活様式の変化と服づくり―」をテーマにウェビナーを開催。今後を見据えてモノ作りの面からの提案を行うことにしている。
◎業界で新しい服作りの提案も
【他の1面の記事】
■JASMA
縫製作業の効率化探る
――共通基盤ネットワーク研究会
■トンボ
売上高400億円突破
――1年前倒しで中計目標達成
■FISMA TOKYO
74社・団体で11月開催
――オンライン展示会も併催
■パタンナーの若林佐知子さん
初回は白のブラウス
――「swllow(スワロー)」立ち上げ
■倉敷ファッションフロンティア
バーチャルでツアー
――岡山県内の繊維工場見学

★アパ工・プラスWEBを開設
アパレル工業新聞の記事をWEBで閲覧

【2面】
〈デジタル化が加速する服飾副資材業界〉
■清原
デジタルで裾野拡大
――アパレル事業立て直しへ
■島田商事
製品提案の質が向上
――展示会はポイントを絞る
■オークラ商事
スポーツ・中堅を強化
――海外向け「アパレルX」急伸

◇YKK
ウェブ展示会を開催中
――ファスニング商品を発信

◎イノウエ
「ミリアン」をECで販売開始
【3面】
■キイヤ
「3Dボディフォーム」を発売
――3D向けのボディー
――リアルとバーチャルを橋渡し
■ジャパン・ベストニット・セレクション
2年ぶりに開催
――会場が変更、44社・団体が出展
■アズマ
「ASC」がスタート
――服作りの人とモノをつなぐ
■青山商事
OMO型の新業態
――4ブランドをミックス
■イトーヨーカ堂
初の衣料品回収キャンペーン

◆アパ工連便り
ファクトリーブランドプロジェクトに13社参加
――アドバイザーの山縣氏が講演

☆「東レACS」服つくりの未来を創る⑲
国内アパレル・縫製工場の生き残りをかけたデジタル改革(7)
――新Web展示会ビジネスにマッチした設計・生産工程の変革―在庫削減への対応
【5面】
〈ウィズコロナ下を生き抜くアジアの日系縫製企業〉
■サンテイ
無縫製「テクラー」に力
――自社拠点は稼働ばらつく
■小島衣料
3拠点ともフル稼働
――不安定な物流でコスト増

■オーダースーツSADA
中国の自社工場再構築
――25年に売上高50億円目指す

◎YKK
JSFAに正会員で加盟
【6面】楽天ファッション・ウィーク東京22年春夏
不透明な時代にはアイデンティティが武器
――絶やせないブランドを支えるモノ作りの技術
――緩やかなコートと重ね着を打ち出す
【7面】大野順之助からのメッセージ(194)
基本の「基」を復習(20)
――袖の基本⑤
【8面】
■インタビュー
◇アンジェリーナ.je
社長
服部 順子氏
「お客様の喜ぶ姿に幸せ感じて」
――バクッと組み、原型で確認
――買った服は家2軒分 感性磨く
■帝人
「動物性素材」に代替製品
――環境意識の高まりで
――人工皮革などを展開

アパレル工業新聞社

〒162-0822
東京都新宿区下宮比町2-28
飯田橋ハイタウン1001号
TEL:03(3513)7931
FAX:03(3513)7935 info@apako-news.com