最新号ニュース(2023年3月1日号) NEW!

 
~東洋紡糸工業~
――ピッティ・フィラーティで高い評価
――このカシミヤは凄い!
――有名メゾンから引き合い
カシミヤが主力の東洋紡糸工業(高橋恭二社長)は今年1月に開かれたピッティ・フィラーティに初出展し、ベビーカシミヤやファー加工が高い評価を受けた。既に海外大手メゾンが同社のカシミヤを採用しており、今後はイタリアのエージェントを使いながら海外展開に力を入れる。国内もコロナが落ち着き、ラグジュアリー需要の恩恵を受けている。
【その他の1面の記事】
■東海サーモ
芯地事業は受注拡大
――既存・新規事業の「両利き」で
■マルチョウ
ODM事業が進化
――高い技術力を内外に発信
■FISMA TOKYO
10月3・4日に開催
――リアルとオンライン併催
■デサントジャパン
「オルテライン」拡充
――パターン力を発揮
■第32期メンズものづくり塾
4月8日に開講
――パターンはシャツ・ベスト・パンツ

【2面】パネルディスカッション
「日本発ものづくり提言プロジェクト」がJIAM2022セミナーに協力
――「ファクトリーの時代に挑む」をテーマにパネルディスカッション
◇佐藤繊維代表取締役社長 佐藤正樹氏
独自のモノ作り、売り方
◇ファッションしらいし代表取締役社長 白石正裕氏 
危機感が会社を変える
◇丸和繊維工業常務取締役 伊藤哲朗氏
買う人にワクワク感を

佐藤氏 地方で自立しモノ作り
白石氏 海外から受け東京生産
伊藤氏 来日旅行者にも焦点を

◆司会
久米繊維工業相談役 久米信行氏
【3面】
■アジア・アパレルものづくりネットワーク
「メイド・バイ・ジャパン」を発信
――3月15~17日に東京で展示会
――会員など21社が参加
■立体Tシャツの「ノッツバブルス」
着るだけでスリム
――第1弾は「小倉織」とコラボ
■楽天ファッション・ウィーク東京
約7割がフィジカル
――23年秋冬のコレクション発表
■イワテメイドアパレル
初めて東京で受注会
――岩手県の縫製工場
■第61回モーダ・イタリア
展示会らしさ復活
――出展企業は120社
■第36回ミラノ・ウニカ(MU)
コロナ前にほぼ戻る
――トレーサビリティーを深化

◎アパ工研
アパレル工業技術セミナーを開催
【4面】持続可能な服作りへ、日本のモデリストたちを応援します!
◇株式会社三陽商会
◇学校法人文化学園 文化ファッション大学院大学(BFGU)
◇日本アパレルソーイング工業組合連合会
◇東海サーモ株式会社
◇一般社団法人日本縫製機械工業会(JASMA)
◇セコリジャパンスクール
◇清原株式会社
◇島田商事株式会社
◇株式会社オークラ商事
◇エイプロス株式会社
◇東レACS株式会社
◇株式会社ユカアンドアルファ
◇JUKI株式会社
◇ブラザー工業株式会社
◇ペガサスミシン製造株式会社
◇ヤマトミシン製造株式会社
【5面】特集・日本モデリスト協会
「ウィズコロナのモノ作りを探る」
◇消費者の顔を見て
――「買いたい服がない」に対応
◇夏秋の研修が盛況に
――時代に適ったテーマ設定
――11月の技術研修会から対面に
◇4月15日(土)に総会・講演会
◇柴山会長がメッセージ
キーワードは「共感」
【6面】JUKI企画
「次世代のものづくりに挑戦――JUKIがサポート」(第24回)
◇株式会社タカラ
代表取締役社長  米倉 将斗氏
「STGs」を掲げて改革に着手
――働く環境の整備や新規事業の創出へ
【7面】実践!レディス・パターン教室〈菊池正哲〉㊳
ブラウスのパターンの要点
1.このパターンは正解か?
2.正しいパターン
3.ABパターンの比較
4.ボディー原型からブラウスのパターンにすると?
5―1.3Dシミュレーションで確認(Aのパターン)
5―2.3Dシミュレーションで確認(Bのパターン)
5―3.実際のトワルで確認
6.Aのパターンを簡易的に修正する方法
【8面】インタビュー
■インタビュー
◇ファッションデザイナー
中田 優也 氏
「ファクトリーブランドを支援」
――理想型は作る現場が販売
――産地の生き残りへ後進指導
――素材にこだわる服づくり
――工場からの働きかけ喜び

アパレル工業新聞社

〒162-0822
東京都新宿区下宮比町2-28
飯田橋ハイタウン1001号
TEL:03(3513)7931
FAX:03(3513)7935 info@apako-news.com